スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法改正は環境権からではなく、9条正面突破を目指すべき

どうも、何故か生活リズム崩壊中の麻呂です。

ちょっと気になるニュースがあったので更新です。

そのニュースの内容がこちら

菅官房長官 憲法改正議論は「環境権」から

日本テレビ系(NNN) 7月26日(火)2時15分配信
 菅官房長官はBS日テレの「深層ニュース」に出演し、憲法改正をめぐる議論について、新たに「環境権」を盛り込むことなどから始めるべきだとの考えを示した。

 菅官房長官「例えば当時環境問題は全くなかったわけですから、憲法には環境問題の『か』の字もない。現実問題として必要なところからやっていくことになるんでしょう」

 菅長官は、今の憲法に国民が良好な環境を享受する権利が明記されていないとして、この「環境権」を盛り込むことを与野党で協議すべきだとの考えを示した。また憲法審査会では、参議院の選挙制度についても議論すべきだとの考えを示した。

 今月の参議院選挙で鳥取県と島根県などではじめて、合区が行われたが、菅長官は「一つの県から一名が選出されるべきとの意見もある」と指摘した。


僕自身は憲法9条を正面突破するべきだと思うんです。

そこで、憲法について少し持論を述べさせていただきますね(唐突

日本国憲法は終戦後、日本がマッカーサー率いるGHQが日本を統治した時に大日本帝国憲法に代わって公布された憲法。そして、そもそも論で言えばその成立過程に大きな問題がある。

もともとはGHQが9日間で草案を作り、日本国政府に押し付け、日本国側が政府案として公布した憲法。あれは日本人が考えて作ったものではない。

中身についても多々問題がある。

一番は憲法9条である。
第九条は『第一項 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 第二項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権はこれを保持しない。』とある。

これのどこが問題であるのか。この条文を読んでくれたらわかるように日本は武力による戦争をしないとある。いわゆる戦争放棄である。

戦争をしたい人などいないであろう。俺もそうだ。ではなぜ問題なのか?

皆さんに質問です。世界の国々は日本の憲法を知っていると思いますか?というか、あなた達は他国の憲法を知っているのだろうか?日本には憲法9条があって、戦争はしない、だからあなた達は日本を責めないでね!これが通じると思うのだろうか?通じるわけ無いでしょう。

例え話をしてみよう。日本の現状は『他国が攻めてきたら、話し合いで解決しよう』と言っているのと同じなのである。もし、あなた達が友達、もしくは知り合いと喧嘩したとしよう。喧嘩した時に『いうこと聞かないなら、話し合うぞ!』こんなこと言うだろうか?言っても取っ組み合いの喧嘩の最中だったら殴られて終わりだろう。つまり、日本は現状こういう状況なのである。

しかも隣にはどんどん軍拡を続けている中国がある。毎年毎年軍事費を増大させ、最近では南シナ海に人工島を建て、中国の領土だとほざく国である。そんな国が日本を確実に攻めてこないといえるのだろうか?俺は言えないと思う。

だからこそ、憲法9条の改正は急務なのである。具体的には、俺だと『第一項 日本国は軍事力による侵略戦争は永久にこれを放棄する。 前項の目的を達するために、国防軍を保有する。』これでいいと思う。

これが軍拡で、軍歌の足音が聞こえてくるのだろうか?

あとは憲法前文である。憲法の前文とは、もともとは国の根幹を示すことを書くべきとこである。アメリカであるのであれば、自由と正義について書かれている。自由の国アメリカらしいのである。

ところが日本の憲法前文はどうだろうか?

一番問題なとこを取り出してみよう。『日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、我らの安全と生存を保持しようと決意した。』これを読んでみてほしい。これについて意味を理解できるだろうか?

要するに、日本国憲法は日本国民を守るためにやるべきことを、一切合切書いていないのである。要するに、周りの国々は全て良い国だから、日本は攻められないよと言っているのである。そんなことばっかり言っているから北朝鮮に日本国民を拉致されても取り返すことができないのだ…少なくとも、今の日本の敵国は中国、韓国、北朝鮮、ロシアといった日本の隣国である。こんな状況下でほんとに攻められないと思っているのであればよっぽど頭の中がお花畑なのだろう…

あと、先ほど例に上げたのは97条だ。97条に関しては理由は簡単、憲法11条と重複しているからである。

このように日本国憲法は欠陥だらけである。速やかにどのように変えたらよいかを議論してほしいと心から願う。

こんなクソみたいな長文を読んでくれた人、ありがとう。これはただ一人の意見である。これを読んで、日本国憲法について考える人が一人でも多くなってくれたらとても嬉しいです。活発な議論を重ねて、日本をよりよい国に変えていきたいですね。

すめらぎいやさか
スポンサーサイト
プロフィール

麻呂

Author:麻呂
はじめまして!麻呂です。

これからほそぼそと日々の出来事やいろいろなことを書きつずりたいと思います!

好きなこと
 ・レース(F1等)
 ・野球(日本ハムファン)
 ・サザンオールスターズ
 ・ゲーム、マンガ
嫌いなこと
 ・勉強
 ・早起き

こんなダメ人間ですがよろしく!!

相互リンク、募集中…(ボソッ)
後コメントくれるとうれしいですwwww

何かございましたら
yelloowmaron@yahoo.co.jp
までお願いします

※PCから作成しているため、スマートフォン等の機器からは管理していません。伏字とかの部分が表示されてしまうこともありますのでご注意ください。その部分に関しては私は対応てきません。申し訳ありません

プロフィール画像は笹丸さん(Twitter:@kinngyotyann)に書いていただきました!

Twitter
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー
ほめられてのびるらじおZ AXL新作第12弾「恋する乙女と守護の楯~薔薇の聖母~」 2016年1月29日発売予定! AXL新作第10弾「あやかしコントラクト」 2015年5月29日発売予定! AXL新作第10弾「レーシャル・マージ」 2014年3月28日発売予定! AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! AXL新作第8弾「Dolphin Divers」 2012年6月29日発売予定! AXL新作第7弾「愛しい対象の護り方」2011年4月28日発売予定! AXL新作第6弾「かしましコミュニケーション」2010年2月26日発売予定! AXL新作第5弾「Like a Butler」2009年2月27日発売予定!
カウンター
検索フォーム
おすすめリンク先
リンク
参加コミュニティ
ブランド・アーティスト・球団
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。